Pon's diary

北海道にある某高等専門学校から大阪大学に編入学し、今は大学院生をしています。大学では物性理論を専攻しています。このブログは私が日々の生活、学びの中で感じたことをただ書き留めるためのものです。内容は主に科学関連の事になると思います。未熟な私のことですので生産性と信憑性の両方を欠いたものになると思います。それでもよければどうぞゆっくりしていってください。

身も心も捧げるに足る対象

時々、「私は何のために生きているのか。」ということに考えることがあります。

 

思い返すと、その事を考えるときというのは精神的に病んでいるときが多かったように感じます。精神的に病んでいるというというのは、自分を魅せ、没頭するに足る対象が外部にないということと対応付けられると思います。そのような対象に向かう時間が無い場合もあるでしょう。

 

多くの人は外部から与えられた仕事に没頭しています。そのような中で病んでしまう人は大勢います。それは与えられた仕事に対して魅力を感じないからではないでしょうか。逆に自分を魅せる対象がないために、絶望してしまっている人も多いでしょう。

 

自分の生きる目的、幸福とは次のように言えるのではないかと思います。

 

「身も心をも捧げるに足る対象に出会い、努めること。」

 

芸術でもスポーツでも恋人でも良いのですが、このような出会いと努めがあることが私の生きる理由です。

徹夜明けに幸福を感じ、以上のようなことを思った次第です笑

 

身も心も物理に捧げる。

朝に道を聞かば、夕べに死すともかなり。(孔子)