Pon's diary

北海道にある某高等専門学校から大阪大学に編入学し、今は大学院生をしています。大学では物性理論を専攻しています。このブログは私が日々の生活、学びの中で感じたことをただ書き留めるためのものです。内容は主に科学関連の事になると思います。未熟な私のことですので生産性と信憑性の両方を欠いたものになると思います。それでもよければどうぞゆっくりしていってください。

論文執筆とTMS-EPiQs 2nd Alliance workship

久しぶりの投稿。

およそ一年ぶりになります。

無事に大学院に進学し、テーマを定めたのち、研究活動を開始しました。

 

テーマはWeyl/Dirac超伝導で見られる輸送現象の理論で、いくつかの面白い発見をすることができました。11月末ごろには理論の構築、数値計算を終え、APSに論文を投稿。今は、Editorからの返信待ちです。(arXivにはもう既に出ています。)

 

今月はTMS-EPiQsでポスター発表をしてきました。自分にとっては、初めての国際会議。あまり体調が優れなかったこともあり、緊張どころではありませんでした。ポスタープレヴューでは大事故(字が小さすぎて全く読めない。)が発生しましたが、開き直ってなにもなかったかのように一分間宣伝。後にボスから「Your poster preview was very very bad hahaha.」とのコメントを頂きました。

 

その後は、論文を読んで一方的に存じ上げている先生方と議論。自分の研究について多くのコメントをいただきました。マニアックなネタであるにも関わらず、多くの方に議論をしていただくことができました。本当にありがとうございます。議論をしていく中で、新しいテーマのヒントを得たり、twitterで度々教えを頂いている先生にくっついて天一の本店に行ったりと充実した時間を過ごすことができました。(あれ?天一の本店。普段近所で食べるものと味が違う?)

 

そして、何故かポスター章を受賞。

(これに関しては何故なのか、本当にわかりません。)

 

語学力の欠如、スピン液体等への常識のなさ、新しいアイデアを具体化してテーマを練ること。そもそも、研究に対する姿勢やチェックの甘さ。

 様々な課題が浮き彫りになったので、改善していければと思います。

 

来年度は、2つほど仕事をすることができればと思います。

 

玉磨かざれば光なし。

自分は玉などではなく小汚い石ころですが、どうやら玉への憧れは人一倍のようです。

少しでも、美しくあれるように努力せねば。